ひばりデンタルクリニック

グリーンライン高田駅(横浜市港北区)すぐの歯医者さん(歯科) ひばりデンタルクリニック

HOME

POICウォーター

診療案内

院内紹介

アクセス

よくある質問

Menu

 

虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
入れ歯

EPARK 歯科

 

ドクターズ・ファイル

 

HOME»  POICウォーター

POICウォーター

タンパク分解型除菌水=POICウォーターとは

タンパク分解型除菌水(POICウォーター)は、純度99.9%の塩と不純物を限界まで取り除いた超純水を電気分解させた電解水です。

 

POIC(ポイック)とは

Professional Oral Infection Control (専門的 口腔感染症予防)を意味します。

この電解水はほとんどの細菌・カビ・ウイルス(肝炎ウィルス、ノロウィルス、HIV、MRSA、インフルエンザウィルス、O-157、他)を30秒以内に除菌することが可能です。

産生される次亜塩素酸の作用により強力な殺菌力を発揮します。

次亜塩素酸は人体由来の免疫成分であり、人間の体内で白血球が、侵入してきた微生物(細菌・ウィルス)に対し、殺菌する過程で産生する成分ですので、小さいお子様からご年配の方まで安心してご使用いただけます。

当院では可能な限り臨床において殺菌水を使用しています。

成分:次亜塩素酸(HCLO)

生成:超純水と純度99%以上の食塩を混合した低濃度の水溶液を電気分解して作られます。

PH値:9~9.5(弱アルカリ性)

特性:高純度の次亜塩素酸を含む水溶液が生成される。希塩酸等の薬品を一切使用していませんので、生成時に塩素ガスも発生しません。

そのため、500ppm以上の高濃度次亜塩素酸も生成できます。

用途:現在、歯科医療用として歯周病の治療や院内感染予防などに使用されています。

 

■厚生労働省食品添加物認可

次亜塩素酸水は、平成14年厚生労働省より食品添加物として指定されています。また生成方法は「食塩水を電気分解することにより得られる、80ppm未満の次亜塩素酸を主成分とする水溶液であること」と定義されています。

 

◇タンパク分解型除菌水(POIC水)の特徴

 ・除菌作用がある。
 ・タンパク分解作用がある(バイオフィルムの破壊)
 ・消臭力がある。
 ・暖めるほど殺菌性が上がる。
 ・人体には無害 。
 ・80ppm以下なら食品添加物扱いになる。
 ・pHが中性に近いのでむし歯になる心配がない 。

 

◇タンパク分解型除菌水(POIC水)で殺菌できるもの

 ・ほとんどの細菌
 ・カビ
 ・ウイルス(B型・C型肝炎ウィルス・ノロウィルス・HIV・MRSA・インフルエンザウィルス・O-157、カンジタ菌など)

 

院内での使用例

当院では以下のようないろいろな場面で使用しています。

 ・術前・術後のうがい
 ・外科処置後の洗浄や消毒
 ・入れ歯の洗浄、殺菌
 ・歯周ポケット内の洗浄除菌
 ・口臭予防
 ・ホームケア(歯磨き・うがい・インフルエンザなどの予防)
 ・診療器具・器材の除菌
 ・噴霧器での室内の空気の除菌