ひばりデンタルクリニック

グリーンライン高田駅(横浜市港北区)すぐの歯医者さん(歯科) ひばりデンタルクリニック

HOME

POICウォーター

診療案内

院内紹介

アクセス

よくある質問

Menu

 

虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
入れ歯

EPARK 歯科

 

ドクターズ・ファイル

 

HOME»  小児歯科

小児歯科

小児歯科

 小児歯科では、主に歯が生えはじめた乳児から歯が生え変わるまでの、お子様の歯のトラブルに対応しています。

 お子様が「歯医者さんは怖いもの」「歯の治療は痛いもの」という先入観を持たないように、心がけています。

 歯医者さんは、お口の中をきれいにする所とプラスなイメージをお子さんにもって頂く事が大事ですので、幼いうちから歯医者さんに親しみを持てれば、大人になってからも気軽に通院するようになり、虫歯や歯周病になりにくい、そして重症化しなくて済むでしょう。

 少しでもそんなお手伝いをさせていただければと思います。

 

仕上げ磨きイメージ

 

治療の流れ

1.問診
2.口腔内検査
3.必要があればレントゲン検査
4.痛みがあれば応急処置をします。
 (応急処置をする場合、お口の状態のご説明を致します)
5.治療開始
歯の状態にもよりますが、治療回数が少なくすむように心がけます。
6.治療終了
7.定期健診

 虫歯予防をする事が大事ですので、ブラッシング指導等、口腔内のケアをしましょう。

 

虫歯はあなたのお口からお子様に感染しています。

 虫歯は、風邪やインフルエンザのように人から人にうつる「感染症」だということをご存知ですか。生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌がいませんので、虫歯にはなりません。多くの場合、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に周囲の大人からのスキンシップを通して移るといわれています。

 虫歯の原因となる菌への感染時期を遅らせることで、将来、虫歯の本数が少なくなるという報告データがあります。

 つまり、お子さんへの虫歯菌の感染に注意を払うことで、一生、虫歯のない歯でいられる可能性が高くなるのです。

 感染症である以上、対策が可能ですので、正しい知識でお子様を虫歯から守ってあげることがお子さんの将来を考えた際、非常に大切となります。

 

小児歯科イメージ

 

虫歯の原因菌から子供を守る3つの方法

感染症対策には、次の3つの方法が効果的です。

 

感染源の除去(お母さんのお口の中を清潔に保つ)

 周囲の大人とのスキンシップを通してお子様は虫歯になります。

 なかでも、お子様との接触時間が長いお母さんからお子様に虫歯菌が移るケースが最も多いと言われています。

 虫歯から大切なお子様を守るためには、まずはお母さんのお口の中を清潔に保つことが大切といえます。

 お口の中を清潔に保つためには、食後の歯磨き習慣に加え、歯科医院で行われている歯のクリーニングを定期的に受けられることをお勧めします。

 歯のクリーニングを受けられることで、毎日の歯磨きだけでは落とすことができない汚れを除去することが可能です。

 

感染経路の遮断(子供に虫歯菌が移るのを防ぐ)

 虫歯からお子様を守る2つ目の手段は、「感染経路の遮断」です。

 育児に追われて歯のケアを怠りがちになると、お母さんの口腔内には大量の虫歯菌が増殖してしまいます。この時期に「お母さんが口をつけたスプーンで離乳食をあげる」ことや、「お母さんが小さく噛みちぎった食べ物を与える」、「お子様にキスをする」などすることで、虫歯菌がお子様に感染してしまいます。

 極論を言えば、上記のようなスキンシップを一切行わなければ感染経路を遮断でき、お子様が虫歯になる可能性を抑えることができます。しかし、このようなスキンシップはお子様への愛情表現として非常に大切な行為です。

 

キシリトール

 

 それでは、安全にスキンシップを取れる方法はないのでしょうか?

 あります!キシリトールの活用です!

 キシリトールの効用を簡単に言ってしまうと、虫歯の原因となる「悪玉ミュータンス菌」を「善玉ミュータンス菌」に置き換える効果があるため、お子様とのスキンシップで虫歯の原因となる悪玉ミュータンス菌がお子様に移るのを避けることができます。

 虫歯菌の感染経路はお母さんだけでなく、お父さんやおじいさん、おばあさんなども含まれます。
ぜひみなさんでキシリトールを摂取して、お子様とのスキンシップをいっぱい取ってあげてください。

 

抵抗力の強化(虫歯菌から子供を守る工夫をする)

 虫歯の原因菌からお子様を守る最後の方法は「抵抗力の強化」です。

 大人の場合、歯質が成長とともに丈夫になっているためすぐに虫歯が進行することはありません。しかし、子供は免疫力が低く、かつ、歯質もまだまだ弱いため、虫歯が一気に進行し、いわゆる「みそっ歯」と呼ばれる、黒くボロボロの歯になってしまうのです。

 

歯科医院では抵抗力の強化として、次のことを行っています。

TBIとよばれる歯磨き指導

寝る前の歯磨きイメージ

 

子供が歯磨き好きになるように指導します。
虫歯が多発する部位は、下記の3ヶ所です。

 1.歯と歯の間
 2.歯と歯茎の境目
 3.歯の溝

 TBI(歯磨き指導)では、(1)と(2)から発生する虫歯を防ぐための効果的なブラッシング法を楽しみながら指導していきます。

 

虫歯になりやすい歯の溝を埋めるシーラント填塞(てんそく)

 上記(3)の歯の溝は複雑で、ブラッシングだけでは汚れを完全に取り除くことは出来ませんので、虫歯になってしまう事が多い部位です。

 この溝をプラスチックで埋めることで汚れが溜まらないようにする虫歯予防法がシーランと填塞です。乳歯から永久歯に生え替わったタイミングで治療すると効果的です。

 なお、使用するのは虫歯治療の際に詰め物として使う「レジン」という素材なのでご安心ください。

 

健康な歯

 

虫歯に予防効果のあるフッ素塗布

虫歯イメージ

 

 「フッ素」とは、歯質を強化する性質を持った物質です。

 乳歯や生え替わったばかりの永久歯は非常に弱いのですが、フッ素塗布によって大人の歯と同等の強度にすることができます。虫歯菌に負けない強い歯を作りましょう!

 

小児歯科Q&A

乳歯はいずれ大人の歯に生え換わるから、虫歯になっても大丈夫ですよね?

そのようなことはありません。

少し専門的なお話しになってしまいますが、乳歯には非常に大きな役割が与えられています。

1つは、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割。
 生え換わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導が出来なくなったり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割も担っています。
 虫歯で乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。
 また、乳歯が虫歯になってしまった場合、その歯の周囲は虫歯菌に汚染されています。
そこに生えたてホヤホヤの永久歯が出てきたらどうなると思いますか?永久歯といいましても、生えたての時期は乳歯と同じくらいに弱いのです。当然、虫歯リスクは高まりますよね。

 子供の歯はすぐに生え換わるから、虫歯になっても問題ないという考えは非常に危険であることを理解して下さい。