ひばりデンタルクリニック

グリーンライン高田駅(横浜市港北区)すぐの歯医者さん(歯科) ひばりデンタルクリニック

HOME

POICウォーター

診療案内

院内紹介

アクセス

よくある質問

Menu

 

虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
入れ歯

EPARK 歯科

 

ドクターズ・ファイル

 

HOME»  矯正歯科

矯正歯科

矯正治療とは?

 「歯」と「全身の健康」には密接な関連があるため歯並びや噛みあわせの重要性は高まる一方です。矯正治療とは矯正装置を使ってゆっくりと歯を動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、正常な噛みあわせにする治療のことです。審美的にも美しくし、しっかり物を咬めるようにして、発音も正しく改善します。また、矯正治療には年齢制限(上限)がなく、歯を支える歯肉(歯グキ)や歯槽骨(顎の骨)が矯正治療可能な状態であれば老若男女関係なく治療を受けられます。

 お口はみなさんのエネルギーの源となる食べ物を、体に取り込むための入り口です。お口から取り込まれた食べ物は、胃腸へ運ばれて全身に栄養を供給します が、食べ物を前歯で咬みきって奥歯ですりつぶし、充分な量の唾液と混ぜることで胃への負担を軽減して消化を助けています。歯並びが悪いと、食べ物がよく噛 めず、十分噛まずに飲み込むため、胃腸に負担をかけて体調をくずすこともあります。 このように良い歯並びは心と体の健康を保つために、大切な役割を果たします。歯並びでお悩みの方は、是非ご相談下さい。

 

矯正歯科イメージ

 

治療目的

1.きれいな口元を手に入れる
2.歯並び・噛みあわせを整え、虫歯・歯周病を予防する
3.発音・咀嚼を改善する
4.コンプレックスを解消する

 

治療の流れ

STEP 1

 

 あご、口もと、噛み合わせ、歯並びで気になることを相談してください。 一般的な矯正治療の概略、装置、費用、期間等を説明します。

 

STEP 2

 

 検査または矯正治療を希望された場合、症例に応じた検査を行います。口と顔の写真、レントゲン写真、歯型などを採らせていただいて検査します。
 当院では、客観的な根拠に基づいた矯正治療をするために、頭部X線規格写真(セファログラム)によるレントゲン検査を行っています。

 矯正治療前の診断時、矯正治療中の状態確認、矯正治療終了後の確認など、経時状況が把握でき、「上下顎の大きさとズレ」、「顎の形」、「歯の傾斜角」、「口元のバランス」などについて見ることができます。

 

STEP 3

 

 検査結果を分析し、装置、治療の方針、スケジュールなどを決めて説明します。

 

STEP 4

 

 矯正装置を着けて、治療を開始します。
成長期の場合:主に上あごや下あごの成長のコントロールを行います。成長に悪影響となる習癖の除去や部分的な歯の移動を行います。

 成人の場合:マルチブラケット装置(歯の1本1本に金属(写真左)またはプラスチック(写真右)のボタンを付け、針金の弾力やゴムの力を利用して歯を動かします)などを用いて全体的な歯の移動を行います。

 

STEP 5

 

 一定の間隔で通院します。装置の調節は3~4週に1回、経過観察の場合は 2~4ヵ月に1回

 

STEP 6

 

 良くなった歯並びを安定させるために、取り外しのできる簡単な装置を使用します。

 

STEP 7

 

 保定終了後も、年に1回程度の定期的なお口の健康管理をします。

 

透明なマウスピースタイプの矯正装置について

 今までの矯正装置(歯に付けるボタンや針金)を使わずに、透明のプラスチックでできているマウスピースを装着することによって歯並びを治す新しいタイプの矯正治療法です。取外しが可能なので、お食事やブラッシングもいつも通りできます。そのため矯正治療中の虫歯のリスクも低く、他人に気付かれず、発音にもほとんど影響がありません。

 ご興味のある方はお問い合わせ下さい。但し、症例によっては適応できない場合や治療の途中で今までの矯正装置に変更して頂く場合があります

 

透明なマウスピースタイプの矯正装置について