ひばりデンタルクリニック

グリーンライン高田駅(横浜市港北区)すぐの歯医者さん(歯科) ひばりデンタルクリニック

HOME

POICウォーター

診療案内

院内紹介

アクセス

よくある質問

Menu

 

虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
入れ歯

EPARK 歯科

 

ドクターズ・ファイル

 

HOME»  ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

 ホワイトニングとは、歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。
 歯を削ったりすることなく、歯の中にある色素を分解し、歯の明度を上げて白くしていきます。

 ホワイトニングは大きく分けると2種類に分類されます。

 オフィスホワイトニングは、歯に専用の薬剤を塗布し、レーザーや光を当てて歯を白くする方法が一般的です。短時間で歯を白くできるので、即効性のあるホワイトニング方法と言えます。

 もう1つは、歯科医院などで行うオフィスホワイトニング。もう1つは、歯科医師の指導のもと、自宅で自身で行うホームホワイトニングです。
 ホームホワイトニングは、自宅にて、個人の歯形に合わせてホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを装着して歯を白くしていく方法です。
 歯の白さを実感するには2週間以上の時間を要しますが、時間がかかる分、オフィスホワイトニングより白さが増し、持続期間も長いという特徴があります。

 

ホワイトニング

 

ホームホワイトニングのメリット

 オフィスホワイトニングでは3~6ヶ月が平均持続期間となっていますが、ホームホワイトニングは、平均して1~2年ほど効果が持続します。

 また、自分のペースで、希望通りの白さになるまでホワイトニングできるので、徹底的に歯を白くしたいという人に向いている方法です。

 費用面についても安く抑えられるというメリットがあり、初回はマウスピースの作製費がかかりますが、それ以降は検診費とホワイトニング剤の費用だけで済みますので、オフィスホワイトニングに比べて安価です。

 

ホームホワイトニングの注意点

マウスピース装着

 

 ホームホワイトニングの注意点は2つあります。

 1つは、マウスピースをはずした後、30分~1時間程度は飲食しないということ。
 また、ホワイトニング期間中は、喫煙やコーヒー・紅茶・赤ワイン・カレーなどの飲食を控えることです。

 上記2点はホワイトニングの効果を弱める要因となってしまいますので、ホワイトニング期間中は十分注意するようにしましょう。

 

オフィスホワイトニングのメリット

 オフィスホワイトニングのメリットは、即効性があることと、手間がかからないことにあります。

 オフィスホワイトニングの場合、高濃度のホワイトニング剤を使用するので、ホワイトニングを行ったその日に歯の白さを実感することができます。

 オフィスホワイトニングは、歯科医や歯科衛生士がすべて行うため、安全かつ手間がかからないところも特徴です。

 すぐにでも歯を白くしたい人や、ホームホワイトニングのように自分ひとりでケアを行う方法は面倒だという人におすすめの方法です。

 

ビヨンドホワイトニング(当院推奨)

 歯科クリニックで行うホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニングです。

 ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。

 

光の種類

光の特長

ハロゲン

効果高い。
ビヨンドは特許取得済みの特殊フィルターにより発熱抑制。

メタルハライド
(紫外線)

効果高いが、非常に高熱で皮膚にあたると火傷やメラニンのリスクあり。

LED

若干の発熱あり。光量はやや劣るため効果はうすい。

キセノン
(プラズマ)

強い発熱あり。機械が高いので治療費が高いことが多い。

 

ビヨンドホワイトニングのメリット

 従来のホワイトニングの欠点をカバーする新しい方法として注目を集めているホワイトニングです。

 従来のホワイトニングでは、施術に熱さや痛みをともなう場合があり、患者の負担が大きいことが問題点となっていました。

 その点、ビヨンドホワイトニングは特殊なフィルターを通して照射するため、熱さや痛みをほとんど感じることがなく、歯や歯茎に刺激を与えないところが特徴です。 
 患者の負担が軽減されたため、ホワイトニングに抵抗を感じていた人も施術を受けやすくなっています。
 また、1回の治療が数十分で済むことや、2度、3度と受けると、より白くなるのはもちろん、色素の沈着を防ぐ効果もあります。
 さらに、従来のホワイトニングより費用が安価であるため、一石二鳥のホワイトニングとして日本でも普及が広まっています。

 

ホワイトニングできない人

 ・妊娠中
 ・授乳中
 ・無カタラーゼ症
 ・口腔内外にトラブルがある人(医師にご相談ください。)