ひばりデンタルクリニック

グリーンライン高田駅(横浜市港北区)すぐの歯医者さん(歯科) ひばりデンタルクリニック

HOME

POICウォーター

診療案内

院内紹介

アクセス

よくある質問

Menu

 

虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
入れ歯

EPARK 歯科

 

ドクターズ・ファイル

 

HOME»  入れ歯

入れ歯

 入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)には、保険が適用できるものと保険外の自由治療になるものがあります。どちらが適しているかは、患者様がどのような治療をご希望されているかによりますが、保険の入れ歯と保険外の入れ歯の最も大きな違いは「使用感」にあるのではないでしょうか。違いをご理解いただいた上で、ご自分に合うと思われるものをお選びください。

 

入れ歯の特長とメリット・デメリット

保険の入れ歯の特徴

 ・人工歯および義歯床の素材はプラスチック(レジン)のみ。
 ・部分入れ歯を固定するクラスプ(針金)は金属のみ。
 ・素材やデザインなど、製作過程において制限を受ける。

 

メリット

 治療費が安く、ほとんどの症例に適用することが出来ます。また、診断から1ヵ月程度という短期間で義歯を作ることが出来ます。プラスチック製という素材の特性から、壊れても直しやすいと言う利点もあります

 

デメリット

 保険治療の最も大きな欠点は、使用できる素材など様々な点において制限がある、ということです。入れ歯に保険が適用されるのは、「最低限の機能回復(かめること)」の範囲内のため、快適さや審美性の面については良いとは言えません。

 また、保険で使用できる素材(プラスチック)の特性により、全体的に分厚く大きくなる・細かい加工がしづらいためお口にぴったりと合わせるのが難しい・食べ物の温度を感じにくいという、口腔内での違和感が大きなストレスとなることがあります。

 顎の骨が痩せることで段々と合わなくなって来ますが、再び保険で作り直すためには6カ月以上の期間をあけなければならないという欠点もあります。

 

自費入れ歯の特長とメリット・デメリット

自費の入れ歯の特徴

・人工歯および義歯床にプラスチック以外の素材を使用できる
・部分入れ歯のクラスプ(針金)に目立たない素材のものを使用できる
・患者様に合わせたカスタマイズが可能

 

メリット

 保険外の入れ歯は、「快適さ」「より良い見た目」と言うご要望にある程度応じることが可能です。患者様のご希望に合わせて、薄い金属床の総入れ歯や、目立ちにくい白いクラスプ(針金)の部分入れ歯をお作りすることが出来ます。
 単に「かめる」ようにするだけの保険治療とは違い、少しでもストレスが少なくするための「快適さ」を求めることができるのが、保険外の入れ歯の最も大きな利点です。

 

デメリット

 保険外の入れ歯には、保険適用の入れ歯よりも良質な素材と高度な技術を用います。そのため、治療費が高額になってしまうことが欠点です。また違和感が少ないとは言っても、ブリッジ治療やインプラント治療と比べると違和感が強く感じられます。