ひばりデンタルクリニック

グリーンライン高田駅(横浜市港北区)すぐの歯医者さん(歯科) ひばりデンタルクリニック

HOME

POICウォーター

診療案内

院内紹介

アクセス

よくある質問

Menu

 

虫歯治療
歯周病治療
小児歯科
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
ホワイトニング
インプラント
入れ歯

EPARK 歯科

 

ドクターズ・ファイル

 

HOME»  歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは?

 歯周病は歯の病気ではなく、歯ぐきや骨など歯の周りの病気です。

 歯槽膿漏という名称が使われることもありますが、これは歯ぐきに膿がたまる症状のことで、歯周病の一種です。

 歯周病の初期段階は歯肉炎と呼ばれます。これはバイ菌の侵入により、歯ぐきが腫れている状態です。 原因は歯周病菌です。

 歯ぐきの周りに歯石があると、歯周病菌の住処になってしまいます。歯周病菌はプラークに保護されている状態になり、そのままでは薬も効きません。歯石はプ ラークが石のように固まったもので、ブラッシングではとることができません。ですから、歯周病の予防にはプラークを減らすプラークコントロールが重要なの です。

 

歯周病イメージ

 

歯周病治療流れ

1.痛みを止める/炎症を抑える。
 歯ぐきの腫れなどによる痛みがある場合、まず、痛みを取る治療をします。
2.検査
 歯周病の重症度を測ります。探針を使って歯周ポケットを測るプローピング検査と、レントゲンで歯の土台の骨を見る検査をします。
3.歯石クリーニング
 クリーニングの回数は、重症度によって変わります。経度なら歯の表面の歯石を取るだけですみますので、1回で終了です。しかし、中程度以上になると2回来院していただくことになります。
4.定期検査
 定期的にチェックをすることにより、歯と歯ぐきの健康な状態を保つことができます。

 

 歯周病の治療は炎症を抑えることですが、それだけで歯周病が治ったわけではありません。治療の最終目的は、歯周ポケットを3mm以内に浅くすることです。歯周ポケットが3mm以下が、健康な状態だからです。ですから、歯石クリーニングで菌の温床を除去し、投薬などで菌を撃退し、日常のブラッシングや食生活で菌の繁殖を防ぐのです。

 

治療風景